スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の愛 文字に残そう 京都の病院「パパ手帳」製作(産経新聞)

 「イクメン」と呼ばれる、育児に熱心な父親が増えているが、そんなパパたちを応援しようと、京都市内の病院が「パパ手帳」を製作した。妊娠がわかったときから、出産、入園、入学など節目ごとに思いを書き込み、子供が20歳を迎えたときに、最後のメッセージを書いて、プレゼント。「母子手帳は育児の“記録”だけど、パパ手帳は育児の“記憶”になる」という。

 「パパ手帳」を製作したのは、年間約1500人の赤ちゃんを取り上げている、足立病院(京都市中京区)。院長の畑山博さんが「パパ手帳を作ろう」と発案、同院に併設する子育て支援センター「マミーズスクエア」センター長の竹本久美子さんらスタッフが加わって、製作をすすめた。

 県や市などの自治体で「父子手帳」を配布しているところもあるが、「育児のマニュアルや手引書のようなものではなくて、父親からのメッセージが子供に伝わるようなものにしたいと考えました」と竹本さん。

 手帳は40ページ建て。最初のページは「ママとの出会い」。続いて、妊娠がわかったときの気持ちや、ママにかけた言葉、性別がわかったときの感想、赤ちゃんと一緒にいきたい場所、やってみたいことなど自由に書き込めるように欄をもうけた。出産、命名、1歳の誕生日や入園、入学といった節目ごとに、記念の写真をはり、メッセージを書き込んでいく。「ほんの少しずつでいい。そのときどきの思いを残してほしい」と畑山さん。「父親は母親ほど、密に子供と語り合う機会がない。でも手帳を通じて、お父さんはこんなことを考えてくれていたんだな、と子供に伝わります。自分が愛されて育ったということは、生きていく上で大きな自信になるはず」と話す。

 実は「パパ手帳」は、約3年前、携帯サイトで立ち上げたことがある。手軽にコメントを書き込み、写真も掲載できる、と考えていたが、成功しなかった。「父親の思いが残らなかった。はっきりとした形があるほうがいい」と畑山さん。ふぞろいな自筆で書き込み、はり付けた写真も色あせるかもしれないが、「アナログだけど心がこもっています。たった一冊、大切な一冊にしていただきたい」と竹本さんは話している。同院で出産しない人でも、実費(500円)で入手可能。問い合わせは足立病院マミーズスクエア(TEL075・221・7439)へ。(岸本佳子)

【関連記事】
「イクメン」を増やそう 変わるか日本の企業風土
子ども手当争奪戦あの手この手 イクメン狙いも
「イクメン」流行…男性の本心は?
専業主婦「賛成」の女性増加 厚労調査
“カツマー”賛否…産む幸せ、産まない選択
「はやぶさ」帰還へ

「脱小沢」鮮明に、菅内閣8日発足(読売新聞)
関空への補給金凍結を解除=伊丹との統合など条件に―財務省(時事通信)
仕事中と寝ているときの、携帯電話の距離(Business Media 誠)
父と同僚、車ではねる…殺人容疑で長男指名手配(読売新聞)
<無賃乗車>IC乗車券不正利用は85人 JR東海社員処分(毎日新聞)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。