スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形新幹線線路に女性=レール間に倒れ無事-4両通過、すき間で助かる(時事通信)

 16日午後8時5分ごろ、山形県高畠町山崎のJR山形新幹線高畠-米沢間の上り線路内で、女性が横たわっているのを新庄発東京行き「つばさ130号」(7両編成)の運転士が発見、緊急停車した。女性は2本のレールの間に倒れており、先頭から4両目までが通過したが、車体底部まですき間があり無事だった。
 県警南陽署や消防によると、現場は高畠駅から米沢駅方向へ約700メートル離れた線路上。運転士は発進直後に女性に気付き緊急停車した。女性は2本のレールの間にうつぶせに倒れていた。
 女性は呼び掛けに返事をした後、車輪と車輪の間から自力で脱出。病院に搬送されたが無事だった。列車の乗客約200人にもけがはなかったという。 

明石歩道橋事故 妻の墓前に報告「必ず結果出る」(産経新聞)
<雑記帳>三浦春馬と青森をPR CMヒロインを募集(毎日新聞)
皇太子さま 平城遷都1300年、復原の第一次大秘殿完成式典ご出席(産経新聞)
ベランダの手すりはずれ、生徒2人落下 茨城の県立高(産経新聞)
“過失”受け入れ難い副署長、沈黙のまま 明石歩道橋事故(産経新聞)

横浜APECはSP1千人超 警察庁、初の事前訓練実施へ(産経新聞)

 横浜市で11月に開かれるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の警備で、警察当局が要人(VIP)の警護に全国警察本部から、北海道洞爺湖サミットを上回る1000人を超す警護官(SP)を投入、厳重警戒態勢を取ることが20日、分かった。開催期間の4日間に各国首相や夫人、外相、通商担当相ら最大で84人のVIPの訪問が想定されるための措置という。

 会場候補地の国際会議場「パシフィコ横浜」は、不特定多数の人が出入りし、閉鎖しにくい都市部の施設であることから、警察当局は周辺警戒なども含めて総勢では北海道洞爺湖サミットの約2万1千人と同等の警備態勢をとるという。

 警察庁は、パシフィコ横浜で、SP部隊の中核となる都道府県警の警護訓練指導員ら約160人による警護訓練を26日から3日間、実施する。国際会議に先立って会場候補の施設を利用し、全国のSPを集めた訓練を実施するのは初という。

 訓練では市街地の施設の警備環境を把握し、警護隊形や無線交信の手順などを確認する。

【関連記事】
「参加国間の懸け橋に」 横浜APEC開催で鳩山首相
テロに備え APECに向け警視庁が訓練
警察庁、韓国と連携へ APECで警備会議
大丈夫? APEC観光相会合 奈良に泊まる場所なし
経済統合への議論加速を確認 APEC高級事務レベル会合が終了
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

里見女流2冠“制服卒業”初スーツで笑顔(スポーツ報知)
遺族ら現場で献花、冥福祈る=長崎市長射殺3年(時事通信)
高崎自然動物園 名は「クロマグロ」、でもサルです 大分(毎日新聞)
<阿部真理子さん>死去、51歳=イラストレーター(毎日新聞)
<酒気帯び運転>都立高副校長が交通事故…容疑で書類送検へ(毎日新聞)

JR武蔵野線、運転見合わせ 西船橋-府中本町駅間(産経新聞)

 19日午前7時半ごろ、千葉県市川市のJR武蔵野線市川大野駅で人身事故が発生した。JR東日本によると、この事故の影響で西船橋-府中本町駅間で、上下線が運転を見合わせている。

【関連記事】
京浜東北線に女性専用車の運用始まる JR東日本
民主香川県連、JRの参加を要請へ 宇高航路協議会
電車に女性はねられ死亡 名古屋
女性の上を電車通過、線路とのすき間で無事 JR東京駅
JR東海7社員が無賃乗車
外国人地方参政権問題に一石

石原知事、参院選出馬を一時検討=「たちあがれ」の目玉として(時事通信)
高齢夫婦、無理心中か=札幌(時事通信)
田辺三菱製薬を業務停止=子会社の試験データ改ざん問題-厚労省(時事通信)
「専用駐車区間」を導入=高齢者ら対象、全国362カ所-19日から・警察庁(時事通信)
パトカーと軽衝突、女性骨折=群馬(時事通信)

<名張毒ぶどう酒事件>再審開始決定取り戻したい…弁護団長(毎日新聞)

 名張毒ぶどう酒事件の再審請求で、審理を名古屋高裁に差し戻した最高裁決定を受け、奥西勝死刑囚(84)の支援者が7日、名古屋市東区で集会を開いた。弁護団長の鈴木泉弁護士は「決定を読めば読むほど『何で再審開始決定ではないのか』との思いが強い。今後は新証拠の価値を一層確かなものにして再審開始決定を取り戻したい」と述べた。【秋山信一】

 集会には支援者や弁護士ら約25人が参加した。鈴木弁護士は、最高裁決定が再審開始ではなく農薬の再鑑定を命じたことに「最高裁は原則として証拠調べをしないのに、検察が新たに提出した化学専門家の意見書に惑わされ『どちらが正しいか分からないから差し戻す』とした」と批判。その上で「決定は5人の裁判官の一致した意見となっているが、一部の裁判官は再審開始という意見だったように思う」と話した。

 奥西死刑囚のこの日の様子も報告された。面会した「奥西勝さんを守る会愛知」の田中哲夫事務局長によると「一夜明けてどうですか」と聞かれた奥西死刑囚は少し表情を曇らせて「よく考えてみたけれど、どうして再審開始決定にならなかったのかあ」と答えたという。

【関連ニュース】
名張毒ぶどう酒事件:「再審決定を」支援者が高検に要請
名張毒ぶどう酒事件:惨劇の公民館すでに撤去
名張毒ぶどう酒事件:他の新証拠は否定 再審は再鑑定次第
名張毒ぶどう酒事件:差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」
名張毒ぶどう酒事件:84歳の奥西死刑囚「後がない」

スマートフォン、有料アプリは500円未満26%(産経新聞)
普天間「八方ふさがり」…首相責任論、不可避に(読売新聞)
【舞台はここに】灰田勝彦「南海ホークスの歌」 なんばパークス(産経新聞)
<小泉進次郎議員>郵政で亀井担当相と対決 「大臣は逆走」(毎日新聞)
西大寺 唐人官僚名ある墨書土器初出土 奈良(毎日新聞)

亀井氏、郵政法案は20日までに国会提出(産経新聞)

 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は7日の記者会見で、郵政改革法案について「来週いっぱいで法案の細部を詰められるかどうか。遅くても再来週の火曜の閣議に出したい」と述べ、20日までの国会提出を目指す考えを示した。 

【関連記事】
閣僚記者会見「開放」進む ネットから大臣へ“ヤジ”
亀井氏 平沼・与謝野新党に「政策逆の2人が組んでキョトン」
平沼新党に閣僚は冷ややか「興味も関心もない」「期待していない」
なぜか不評「亀井法」中小企業82.3%申請せず
「赤字国債増やすだけ」 中田氏、郵政改革で亀井氏を痛烈批判
「中国内陸部の資源事情とは…?」

「龍馬」ブーム異常盛り上がり SB孫社長だけでない「入れ込み」(J-CASTニュース)
<杉並「夜スペ」>学校使用は正当 東京地裁判決(毎日新聞)
<雇用調整助成金>不正受給2億円 厚労省が対策強化へ(毎日新聞)
東住吉でコンビニ強盗未遂(産経新聞)
普天間 「腹案は既に用意している」と言明…鳩山首相(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。